ブログ

2014/09/03 アメリカ不動産用語辞典

アメリカ不動産用語辞典


placeholder03
・サービスアパートメント
日本ではウィークリーマンションとかマンスリーマンションと呼ばれている契 約形態で、家具などの生活必需品が一通り揃った状態で借りられる賃貸 物件です。まだ地域の様子がわからない時期にはこういった物件の契約 を短期でしていただくことをオススメしています。また、長期出張などでホ テルに何週間も滞在されるようなとき、サービスアパートメントのほうが経 済的かつ、ライフスタイルも充実するということでご利用されることが多 いです。
・アパートメント
賃貸専用に造られた集合型住宅。賃貸マンションのことをアメリカでは一般 的にこう呼んでいます。建物全体をひとつの会社が運営しており、入り口 近くにリーシングオフィス(Leasing Office)という契約事務所が併設されて います。アパートメントによっては施設内の住人で共同利用できるプールや ジムがあります。
・コンドミニアム(デュープレックス)
アパートメントが賃貸マンションであるのと比べ、コンドミニアムは分譲マ ンションです。各部屋にそれぞれオーナーがおり、オーナー自身が住んでい たり、オーナーが個別に賃貸として貸し出していたりします。販売用に 造られた施設ですのでアパートメントと比べて一般的には良い設備を持 っています。また、オーナーごとに内装がまったく異なり、従って賃貸と して出ている値段も隣の部屋なのに全然違うということが起こります。
・シングルホーム(一軒家)
マンハッタンの中心部にはほぼ一軒家はありません。マンハッタン島を出 て郊外に行くことになりますが、電車で数十分の距離だったりするので郊 外の一軒家を選択されるケースも非常に多いです。ただし、日本とは違 って築年数の長い物件がほとんどです。
       
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 個人情報取扱について サイトマップ