ブログ

2015/06/23 生活豆知識

ニューヨークのアパートメント

ニューヨークのアパートには大きく分けてPre-War(戦前)とPost- War(戦後)に 建てられたものに分けられます。 戦前の建物は築100年以上経つものも多くありますが、綺麗にリノベートされている建物は、 最近のビルにはない凝った装飾が残されていたりして人気があります。 その一方で、最新の設備を備えた築浅の高級高層アパート(タワーマンション)の人気も高まっています。  ...


もっと読む
2015/06/22 最新NY情報

NYの地下公園「ロウライン」

NYの地下公園「ロウライン」   世界初の地下公園建設プロジェクトが実現に向けて動き出しています。 正式名称はデランシー・アンダーグラウンド (Delancey Underground)ですが、 チェルシーの高架線跡を利用した空中公園「ハイライン」をもじって「ロウライン」と呼ばれています。   建設予定地は1948年まで使用されていた廃駅で、 ローワーイースト...


もっと読む
2015/06/19 子育てお役立ち情報, 学校・教育

予防接種・健康診断

日本とアメリカでは予防接種の種類や必要とされる接種回数が異なります。 不要な再接種を避けるためには、過去に受けた予防接種や罹患歴の証明が必要となります。 (英文の証明書をお持ちでない場合は、日系のクリニックで作成してもらうこともできます。日本語が通じる病院リストはこちら。)     また、学校入学やサマーキャンプ等に参加する際にも、 予防接種の記録や健康診断の結...


もっと読む
2015/06/18 子育てお役立ち情報, 学校・教育

日本人学校・補習校

ニューヨーク近郊には日本語を話す子弟向けの学校がいくつかあります。   <全日制学校>     ニューヨーク育英学園NJキャンパス 幼児部、小学部 全日制での幼小一貫教育機関(3歳~小6)としては東海岸では唯一。 日本の文部科学省が定める幼稚園教育要領及び小学校学習指導要領に準拠した教育を日本語にて行う一方、英語教育も重視している私立学...


もっと読む
2015/06/17 子育てお役立ち情報, 学校・教育

学区について

アメリカでは通常キンダーガーデン(6歳)~高校(18歳)の12年間が義務教育とされますが、教育制度は州によって異なり、さらに学区や学校によっても就業年齢などシステムが変わります。   治安の良い地域=公立学校の学区が良い地域となる場合が多く、お子様がいらっしゃるご家庭では学区選びが重要となります。(定員状況によりご希望の学校へ通えないこともあります。)お部屋探しの際は、弊社エージ...


もっと読む
2015/06/16 子育てお役立ち情報, 学校・教育

お子様向けお出かけスポット

・Children's Museum of Manhattan お子様向け、両親向けワークショップ、イベントなども開催。 大人、こども(12ヶ月以上)$11 日-金:10am-5pm、土:10am-7pm(夏季) 「Target Free First Friday Nights」毎月第一金曜5 – 8pmは無料 The Tisch Building, 212 West 83rd St...


もっと読む
2015/06/12 生活豆知識

アメリカの洗剤/フローリング・家具

<フローリング> 左からSwiffer(ドライタイプ。日本のクイックルワイパーと同じ。ドラッグストアなどで購入できる) Swiffer WetJet(ウェットタイプ。専用の洗剤をセットして噴射しながらお掃除できる。)           <木製家具> Pledge(液体タイプ、スプレータイプあり。...


もっと読む
2015/06/11 生活豆知識

アメリカの洗剤/バスルーム

バスルーム編   <バスタブ、バスルーム全体> 左からTilex(シャワー後にカーテン、お風呂場の壁(アクリルとプラスチックのみ)にスプレーするだけで、後で水で流す必要もありません。) Lysol(99%の細菌を消滅させ、カビ等の発生を防ぎます。またブリーチが入っていないためニオイも気にならずお掃除できます)      ※注意 シャワー使用後は完...


もっと読む
2015/06/10 生活豆知識

アメリカの洗剤/キッチン

キッチン編   <カウンター・ガスコンロ周り> 左からMr.Clean(キッチン周り、ガラス磨き) fantastik (硬い素材の表面や、柔らかいカーペット、ファブリック素材) 409(キッチンの他にガラス、カウンターテーブル、床の汚れ) Comet (粉末タイプ)           &...


もっと読む
2015/06/24 最新NY情報

国務省のシステム障害によるビザ発給の遅延について‏

現在、アメリカ国務省のビザ発給システムに障害が発生しているとの事です。 障害によりビザ申請手続きに遅れが生じ、在京アメリカ大使館では6/9以降にDS-160を作成した方は面接予約を変更するよう呼びかけています。 なお、米国国務省はサイバーアタックによる可能性は否定しています。 人道的な理由での緊急渡航が必要な方は、最寄りの大使館、領事館へ緊急面接予約をリクエストしてください、とのこと...


もっと読む

個人情報取扱について サイトマップ